< 2008年12>
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


2008年12月07日

旭学園でヽ(^^)










今日は、「あつまろ会」


のユウサン&メンバーさん達と、養護施設 旭学園へ行ってきましたo(^o^)o


元気なお子さん達と会うのが楽しみでした♪

それと、今回は、息子にも、ボランティア体験をさせてあげたかったのですp(^-^)q


到着して、まずは、ガラス拭きや、ローカのお掃除。


別のグループの方々は、イルミネーションの準備と設置をして下さっていましたヽ(^^)★☆★☆★

大人も子供も、小学校の時のように、無邪気に
大掃除〜


すっかり、子供達とも仲良くなって、何時間かたった頃


「あつまろ会の皆さんは、食堂にお集まり下さい」


と放送がながれ


息子と食堂に行きました


そこで、園長さんから
お礼と、旭学園についてのお話を聞きました。


旭学園は、戦後、戦争孤児や、親を失った恵まれない子供達の為に造られた事。


けれど、最近は、

大幅に事情が違って来て
親がいるのに、


虐待や、子育て放棄で

やむなく、学園に預けられる子供も多いという事です。


園長先生は、元、県庁の職員でしたが、退職後、旭学園へ来られたそうです。

その時、学園で育てられた子供が、夢を持ち続けられるように、色んな事をしてあげよう!!

と思われたそうです。

学園育ちだからと夢を諦めなくて良いように…


色んな事を我慢しないで明るい子供でいて欲しいとo(^o^)o


だから、勉強も、職員がきちんと宿題をする事を習慣づけ、高学年の子供には、塾の先生等に教えに来て貰ったり…


高校まで行けるように、指導したりしていらっしゃるという事です。


また、大学の入学金までは、学園で面倒をみて、親がするようにしてあげたいというお話でした。

昔のように可哀相な子供が入所する孤児院。

というイメージは、明るく改装された食堂からは全く感じられません!

それに、園長さんは、昔の伝手を上手に利用して

水だけだった水道に
お湯を引いてもらったり

トイレも、洋式に改装、
おまけに温熱便座、自動水洗ですヽ(^^)


この子達が社会に出てもすぐ、対応できるようにとの配慮です。


こんな、園長先生の元で育てられる子供達は、本当に幸せだなぁ
とある意味、凄く、ホッとしましたo(^o^)o

お話の後、子供達も待ちに待った、楽しいクリスマスパーティーです♪☆

メンバーの一人の方が、ギター伴奏で、みんなでジングルベルや赤鼻のとなかいを歌ったり、


クリスマスにちなんだ、ハンドベルや

高学年になると、今風歌謡曲の合唱等、

楽しい一時でした♪


最後にクリスマスケーキとジュースをみんなで
美味しく戴きました〜

4時までという事でしたが
後、30分で、イルミネーションの点灯式があるというので、しばらく
子供達と遊びながら待つ事に…p(^-^)q

無邪気に遊ぶメンバーと子供達。

4時30分、点灯です☆*。゜☆*。゜☆。*。゜☆〜

子供達に夢を持って欲しいというユウサン達の思いが、作りあげた

てっぺんの一番星☆
に向かって、いくつもの光の筋…p(^-^)q


もっと暗かったら、Kireiに輝いて、写真も見て頂けただろうになぁ〜

ちょっぴり残念と思っていると、可愛い男の子が

「ねぇ、僕を写して!」

と、ひょうきんなポーズをとりましたヽ(^^)♪

可愛いので、載せちゃいます(笑)


今日は、息子も、何か
感じるところあったカナ〜o(^o^)o

楽しい一日でした♪

みんな気持ちよく、お疲れさま〜


メインのイルミネーションは、撮れなかったので行ける方は、夜

見に行って下さいネ!
  


Posted by 梓ママ at 22:23Comments(13)